市民憲章・市章・木・花・シンボルマーク

市民憲章(平成27年10月4日制定)

この市民憲章は、五泉市と村松町の合併10周年を記念して市民憲章検討委員会から起草いただき、平成27年10月4日に制定しました。市を潤す自然の恵みと培われてきた産業、歴史、文化、人々、さらには将来の五泉市を思い描き、市民が手を携え、市民共通の目標となることを願って制定したものです。

五泉市市民憲章

早出川の清らかな流れ 仰ぎ見る菅名岳・白山の峰々
このあふれんばかりの自然の恵みは 農(みのり)と工(たくみ)に実を結び
わたしたちの五泉市を豊かに育んできました

わたしたちはこの素晴らしい郷土を誇りとし
さらに輝かしい未来への願いを込めて
ここに市民憲章を定めます

守ろう 美しい泉の里を
築こう 働く喜びにあふれるまちを
紡ごう 人と人との信頼を
高めよう 歴史と文化を尊ぶ心を
育てよう 未来にはばたく若者たちを

 平成27年10月4日制定

市章(平成18年6月3日制定)

市章のイラスト

五泉市の頭文字「五」を、チューリップの花にシンボライズしています。2つの丸は、合併した2市町の人々が手を取り合い、未来に向かって躍動する様子を表現しています。

また、上部は三方の山を、下部は阿賀野川、早出川を表し、青色は清流、緑色は自然を表しています。

市の木「さくら」(平成18年6月3日制定)

市の木「さくら」の写真

桜は古くから五泉市民に親しまれているとともに、市内には国内で屈指の名所があります。

「村松公園」の桜は、全国さくら名所100選に選ばれ、また、「小山田の彼岸桜」は国の天然記念物に指定されているほどです。

市の花「ぼたん」(平成18年6月3日制定)

市の花「ぼたん」の写真

東公園内の「ぼたん百種展示園」には、120種5,000株のぼたんが大輪の花を咲かせ、市民の方々はもちろん、来園者の人々を楽しませています。

また、ぼたんの生産量と出荷量は、ともに国内で1、2位を争うほどで、五泉市が誇る特産品の一つです。

シンボルマーク「いずみちゃん」(平成18年4月1日制定)

シンボルマーク「いずみちゃん」のイラスト

五泉市の頭文字「ご」をモチーフにして、チューリップを持つ親しみやすいキャラクターマークで表現しています。

緑色は豊かな自然、紺色は清らかな水と澄んだ空気、赤色は情熱と発展を表しています。

市章とシンボルマークの違い

市章

自治体としての「五泉市」を象徴し、条例等により表示が定められているものや公式行事、表彰状、バッジ、公共施設などで使用します。

シンボルマーク

元気な五泉を市内外にアピールできる場面で積極的に活用し、また、広く市民の皆さんも使用することで、まち全体で市のイメージアップとPRを図っていきます。

シンボルマークの使用について

  • シンボルマークは、誰もが使用することができます。
  • 使用に際しては、市役所企画政策課にある「シンボルマーク使用届」を同課に提出してください。また、必要に応じてアドバイスを行ないます。
  • シンボルマークとロゴを組み合わせたデータ集もありますのでお問い合わせください。
  • シンボルマークを使用した作成物ができたら、サンプルあるいは写真を同課に提出してください。

ただし、次のような場合は使用の制限や禁止、申請の不受理、承認の取り消しなどを行います。

  • シンボルマークあるいは「五泉市」のイメージを損なう恐れがある時。
  • 選挙活動や布教活動などに関連した使用行為の恐れがある時。
  • 事業所などが自己のシンボルマークや商標・意匠として使用する恐れがある時。
  • その他、不正な使用が行われる恐れがある時。 など
この記事に関するお問い合わせ先

五泉市役所 企画政策課

郵便番号959-1692
新潟県五泉市太田1094番地1
電話番号:0250-43-3911(代表) ファックス:0250-42-5151

メールでのお問い合わせはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

最終更新日:2017年11月01日