犬の登録ほか諸手続き

犬を飼っている(これから飼う)方が必要な市への手続きをお知らせします。

犬のイラスト

 新しく犬を飼ったら、30日以内に犬の登録を行い、動物病院で狂犬病予防注射を受けてください。登録が完了すると鑑札を交付します。

手続きに必要なもの

  • 犬の登録申請書
  • 登録手数料 3,000円

注意点

  • 生後90日以内の犬の場合、生後90日を過ぎてから30日以内に登録と注射を行ってください。なお、下記の動物病院では注射と一緒に新規登録の手続も可能です。
  • 鑑札は、愛犬の登録証明になりますので、首輪に付けるなどして大切に保管してください。万が一、愛犬が迷子になって保護された時には、鑑札が付いていれば飼い主さんにご連絡することができます。
注射のイラスト

 犬の飼い主さんには毎年1回、4月1日~6月30日の間に、愛犬に狂犬病予防注射を受けさせる義務があります。

 また、注射後には、市から注射済票の交付を受けなければなりません。

 注射は、4月の集合注射を利用するか、かかりつけの動物病院で行ってください。

新型コロナウイルス感染症への対応について

 動物病院へ注射を受けに行かれる際には、対応時間や料金、注意事項などを動物病院に事前にお問い合わせください。

 なお、新型コロナウイルス感染症の影響によるやむを得ない事情により、4月1日から6月30日までの間に狂犬病の予防注射を受けさせることができなかった犬の飼い主さんについては、12月31日までに狂犬病の予防注射を受けさせてください。

 

注意点

  • 動物病院での個別注射は、集合注射と料金が異なります。詳しくは下記の各動物病院にお問い合わせください。
  • 注射が済むと注射済票を発行します。愛犬の首輪につけるなどして大切に保管してください。
  • 病気や老齢などで注射ができない場合は、動物病院へご相談ください。必要に応じて「狂犬病予防注射猶予証明書」を発行してもらえます。
五泉市内の犬の登録頭数と予防注射頭数等(年度末現在)
  平成28年度 平成29年度 平成30年度 令和元年度 令和2年度
登録頭数 2,198頭 2,265頭 2,208頭 2,187頭 2,194頭
予防注射頭数 1,919頭 1,977頭 1,864頭 1,790頭 1,887頭
注射率 87.3% 87.3% 84.4% 81.8% 86.0%

(令和元年度末の注射率)新潟県87.3%、全国71.3%
全国の注射接種状況はこちら(厚生労働省ホームページ 外部リンク)

鑑札・注射済票をなくした場合

 環境保全課の窓口にお越しください。鑑札・注射済票を再発行します。

手続きに必要なもの

  • 鑑札等の再交付申請書
  • 鑑札の再交付の場合1,600円、注射済票の再交付の場合 340円

五泉市内での転居・飼い主の名前の変更・五泉市内の人から譲り受けた場合

環境保全課に30日以内に届け出てください。

手続きに必要なもの

  • 犬の登録事項変更届
  • 鑑札の写し
  • 登録手数料、鑑札の再発行手数料

注意点

  • 子犬など登録や注射が済んでいない犬や、前の飼い主が不明の場合、新規登録(手数料3,000円)が必要になる場合があります。
  • 前の飼い主さんが鑑札をなくされている場合、鑑札の再発行(手数料1,600円)が必要になります。

五泉市外から転入してきた場合・五泉市外の方から譲り受けた場合

 環境保全課に30日以内に届け出てください。

手続きに必要なもの

  • 犬の登録事項変更届
  • 転入前の市区町村の鑑札

五泉市外に転出する場合

  • 転出先の市区町村へ、30日以内に届け出てください。(五泉市の鑑札が必要です
  • 五泉市役所への手続きは不要です。

犬が亡くなった

 環境保全課に30日以内に届け出てください。

手続きに必要なもの

  • 犬の死亡届
  • 犬の鑑札
  • 狂犬病予防注射済票

電話でも受け付けております。
飼い主さんのお名前・ご住所・電話番号、愛犬のお名前・犬種・鑑札番号・死亡年月日を申し出てください。

この記事に関するお問い合わせ先

五泉市役所 環境保全課

郵便番号959-1692
新潟県五泉市太田1094番地1
電話番号:0250-43-3911(代表) ファックス:0250-41-0006

メールでのお問い合わせはこちら

最終更新日:2022年04月03日