銅造観音菩薩立像

有形文化財(彫刻)
五泉市川瀬518 願成寺 (昭和35年 県指定)
見学希望の場合は生涯学習課(電話0250‐42‐5195)へご連絡ください。

願成寺に収蔵されている銅造観音菩薩立像の写真

この銅像観音菩薩立像は、総高30.5センチメートル、像高25.3センチメートル、ろう型原型から鋳造されたものです。その肉取りは柔らかい円味が加わり、体姿はのびのびとした自然さがあり、顔かたちの穏やかさと相まって奈良時代前期の金銅仏の佳品といえます。

伝承によると願成寺は三回火災にあったと伝えられています、この像も焼けたため、全身に肌荒れが目立ちメッキが失われ、さらに左手の持ち物(宝瓶か)の大半が失われている点などがまことにおしまれます。

この記事に関するお問い合わせ先

五泉市教育委員会 生涯学習課

郵便番号959-1862
新潟県五泉市旭町7番11号
電話番号:0250-42-5195 ファックス:0250-43-4190

メールでのお問い合わせはこちら

最終更新日:2017年11月01日