虚空蔵堂

有形文化財(建造物)
五泉市別所字上1318(平成24年 国登録)
常時公開(外観のみ)

別所地区に建立されている虚空蔵堂の写真

 虚空蔵堂は、奈良時代の僧・行基が刻んだ虚空蔵尊を、当地に堂宇を建立して安置したことに始まると伝えられています。地域では「別所の虚空蔵様」と呼ばれて大変親しまれています。
 現在の虚空蔵堂は、宝暦4年(1754)の火災直後に再建したものと伝えられており、基本的な骨格は建築当初の姿を保っています。その構造は豪快で力強くも、上質さを併せ持つもので、本格的な仏堂形式を持つ堂宇として大変貴重です。

この記事に関するお問い合わせ先

五泉市教育委員会 生涯学習課

郵便番号959-1862
新潟県五泉市旭町7番11号
電話番号:0250-42-5195 ファックス:0250-43-4190

メールでのお問い合わせはこちら

最終更新日:2018年01月23日