トップページの風景について

【春】ようこそ華の都ごせんへ

厳しい冬が終わると五泉の花シリーズが始まります。

【ふれあい自然の里 水芭蕉公園】

雪解けとともに菅名岳のふもとに咲く水芭蕉。まるで春の訪れを告げる白い妖精のようです。

水芭蕉公園

【村松公園】

日本のさくら名所100選に選ばれた村松公園には、約3000本の桜が咲き誇ります。

ただいま「村松公園桜再生プロジェクト応援寄付金」募集中です!

ただいま、「村松公園桜再生プロジェクト応援寄付金」募集中です!

【一本杉地内のチューリップ畑】

150万本が咲き競い、一面が花のじゅうたんのようです。

一本杉のチューリップ畑

【ぼたん百種展示園】

120品種5,000株の大輪の花が優雅に咲き競います。

ぼたん百種展示園

五泉の花の名所を訪れてみませんか?

 

【夏】美しい川の風景

咲花温泉水中花火

景勝・阿賀野川ラインのほとりにある咲花温泉で行われる花火大会。水面で半円状に開く色とりどりの花火が阿賀野川を幻想的に彩ります。

咲花温泉水中花火

夏の早出川

早出川は五泉を代表する清流です。太川橋付近の河原を中心として夏には水遊びを楽しむ親子連れやグループで賑わいます。

また、磐越西線「SLばんえつ物語号」が走り抜ける様子を見ることができます。

夏の早出川とSL

木越地区のれんこん田

8月、木越地区ほかで栽培されている特産品の「れんこん」が花を咲かせます。

真っ白なれんこんを育てる緑の田んぼに、蓮花が美しく咲く風景も五泉の美しい夏の風景です。

夏のはす田

【秋】実りの季節

五泉のさといも【帛乙女】

きめ細かな白肌と独特のぬめりで人気の「帛乙女」(きぬおとめ)。

五泉では、昔から各農家で自家野菜として、さといもを栽培してきました。

昭和45年、稲作の減反政策などを受け、本格的な栽培に取り組み始めました。その後、生産者の長年にわたる品種改良、種芋維持の努力によって、品質を確立してきました。

そして、昭和62年には県内で唯一『国の指定産地』を受け、生産量も県下一となっています。

また、10月の第2日曜日を「さといもの日」として、毎年「さといもまつり」を開催しています。

さといも畑
里芋

【村松公園の紅葉】

「にいがた景勝100選」で第3位に選ばれている村松公園の紅葉。桜ともみじの紅葉が園内を鮮やかに彩ります。

村松公園桜再生プロジェクト応援寄付金にご協力ください!

【冬】咲花温泉の冬景色

“美肌の湯”咲花温泉の冬景色。エメラルドグリーンに輝く美しいお湯がココロとカラダを温めます。

この記事に関するお問い合わせ先

五泉市役所 企画政策課

郵便番号959-1692
新潟県五泉市太田1094番地1
電話番号:0250-43-3911(代表) ファックス:0250-42-5151

メールでのお問い合わせはこちら

最終更新日:2019年06月14日