平成26年度 施政方針及び予算総括説明

第1章 施政方針及び予算の概要について

1 施政方針について

 平成26年第1回五泉市議会定例会におきまして、新年度予算案をご審議いただくに当たり、市政運営に臨む所信を明らかにし、市民の皆様並びに議員各位のご理解とご協力を賜りたいと存じます。
 さて、本年1月の市長選挙におきまして、市民の皆様の力強いご支援と温かいご厚情を賜り、二期目の市政運営を担わせていただいているところであります。
 一期目では、皆様の多大なるお力添えにより、第一次総合計画並びに新市建設計画を着実に実行し、合併後の本市の一体感を高める、新たなまちづくりを推進してまいりました。これらは、皆様のご理解とご協力の賜物と、深く感謝申し上げる次第であります。
 二期目につきましても、皆様から寄せられました励ましと大いなる期待に全身全霊でお応えし、私のまちづくりの目標であります『住んでよかった、住みたいまち五泉』を心から実感していただけるよう、また、本市の将来像であります『人と自然が織りなす創造都市 五泉市』の実現に向けて、微力ではございますが、誠心誠意、粉骨砕身、そして不退転の決意をもって、市政運営に邁進してまいります。
 さて、本市は合併から10年という節目を目前に控えております。そして、この節目を機に、将来に向けてさらなる飛躍を遂げなければなりません。もちろん、少子高齢化や地域経済の活性化、災害対策、そして、市民の健康づくりなど、課題が少ないとは言えません。しかし、これらを一つ一つ解決していかなければ、明るい未来を次の世代に引き継ぐことはできません。私は、市民の皆様が一丸となり、それぞれの力を如何なく発揮することで、どのような困難をも乗り越え、明るい未来を切り開いていけるものと確信しております。そして、私がその先頭に立ち、皆様とともに10年後、20年後を見据えたまちづくりを進め、だれもが夢と希望を持てるまちを実現することを、皆様にお誓い申し上げるところであります。
 そこで、将来の飛躍に向け、本市の基礎を仕上げる重要な時期と位置付けております平成26年度におきましては、3つの柱を重点分野として掲げ、これまでの政策効果をさらに高めてまいります。具体的には、一つ目として、人口減少への対策としての定住政策、また、子育て支援と教育環境の整備を図る「未来を担う人づくり」であります。二つ目として、地域における産業の活性化、また、地域の元気な活動を支援する「地域を支える活力づくり」であります。そして、三つ目として、災害への備えと市民の健康増進を図るための「安全安心な市民生活づくり」の3つを政策推進の柱と定めました。これら重点施策に積極的に取り組み、本市の生活基盤をより強固なものとしてまいります。
 それでは、予算の概要と具体的な施策について、順次ご説明申し上げます。

2 予算の規模について

 予算規模でありますが、8会計で431億1,357万5千円となり、15億6,320万4千円、3.8%の増であります。
 このうち一般会計は、4.5%増の235億6,300万円であります。
 特別会計は、7会計の合計で195億5,057万5千円となり、前年度に比べ5億5,020万4千円、2.9%の増となりました。

(1)一般会計

  1. 歳入
     市税は市民税の個人、法人税の増により、3.0%増の51億5,413万4千円、地方交付税は、2.7%増の71億6,900万円を見込みました。
     国庫支出金は、五泉小学校、五泉中学校の改築や臨時福祉給付費などの増により、34.4%増の25億6,040万2千円、県支出金は、緊急雇用創出事業臨時特例基金補助金の減などにより1.5%減の11億7,916万2千円、繰入金は、減債基金繰入金の減により44.0%減の1億4,000万3千円、市債は、五泉小学校、五泉中学校改築事業費充当債の増により、4.5%増の47億5,214万4千円を見込みました。
  2. 歳出
     民生費は、臨時福祉給付金、子育て世帯臨時特例給付金などにより、5.3%増の71億7,491万2千円であります。
     衛生費は、簡易水道事業特別会計繰出金、五泉地域衛生施設組合負担金などにより、6.7%増の16億2,691万2千円であります。
     労働費は、起業支援型雇用創造事業、青少年ホーム集会棟耐震補強工事の終了などにより、63.8%減の3,709万9千円であります。
     土木費は、県工事負担金や五泉駅周辺整備事業などにより9.6%増の22億5,647万3千円であります。
     消防費は、防災行政無線及び消防救急デジタル無線整備工事の終了などにより、55.3%減の7億8,290万3千円であります。
     教育費は、五泉小学校及び五泉中学校改築事業などにより、74.4%増の45億4,418万9千円であります。
     公債費は、市債償還元金及び利子の減により、14.6%減の32億3,645万5千円であります。

(2)特別会計

  1. 国民健康保険事業
    予算総額は、歳入歳出それぞれ62億1,523万2千円であり、前年度対比0.2%の増であります。
    増額の主な理由は、保険給付費及び後期高齢者支援金の増加によるものであります。
  2. 介護保険事業
    予算総額は、歳入歳出それぞれ59億3,887万5千円であり、前年度対比8.1%の増であります。
    増額の主な理由は、利用者の増加などにより居宅介護等サービス給付費や施設介護サービス給付費が、増加したことによるものであります。
  3. 下水道事業
    予算総額は、歳入歳出それぞれ36億8,122万2千円であり、前年度対比5.6%の減であります。
    減額の主な理由は、流域下水道建設負担金及び下水道管渠等工事費の減額によるものであります。
  4. 簡易水道事業
    予算総額は、歳入歳出それぞれ10億8,622万9千円であり、前年度対比40.3%の増であります。
    増額の主な理由は、簡易水道統合事業に係る配水管布設等工事や新戸倉配水池の取付道路新設工事によるものであります。
  5. 後期高齢者医療事業
    予算総額は、歳入歳出それぞれ4億7,286万7千円であり、前年度対比0.5%の増であります。
    増額の主な理由は、後期高齢者医療広域連合納付金の増加によるものであります。
  6. 水道事業
    予算総額は、21億5,220万2千円であり、前年度対比0.02%の減であります。
    主な事業としまして、資本的支出で建設改良費の老朽管布設替等工事のほか、村松第7水源さく井工事や村松第3配水池築造工事を計上いたしました。

第2章 具体的な施策について

1 いきいきの泉水 ~笑顔あふれ、いきいきと暮らしているまち~

(1)子どもたちが明るくいきいきとしているまちづくり

 学力の向上につきましては、学力向上形成事業に取り組み、教職員の指導力向上に努めてまいります。また、特別に支援を必要とする児童・生徒に対しましては、介助員と学習指導補助員の配置を継続するとともに、就学奨励費の支給や遠距離通学の補助など、保護者の支援も行ってまいります。
 小中学校の改修につきましては、引き続き五泉小学校と五泉中学校の改築を進めるとともに、五泉小学校の既存校舎の大規模改造工事にも着手いたします。また、各小中学校屋内運動場の吊天井や照明器具等の改修及び村松小学校の大規模改造工事にかかる実施設計などを行ってまいります。
 学校給食における調理業務の民間委託につきましては、本年12月に完成予定の五泉小学校においても実施してまいります。

(2)ともに学び生きがいをもてるまちづくり

 生涯学習の推進では、「寺子屋」教室を引き続き全小学校区において、週3回開設いたします。新たな取り組みとしましては、子ども達に「ふるさとごせん」への誇りと愛着を持ってもらうため、五泉ジュニア検定を実施いたします。
 市民自らが主体となって運営する総合型地域スポーツクラブ「ヴィガ」が運営を開始します。市民の健康づくり及び体力増進のため、スポーツクラブと連携を図ってまいります。
 スポーツ施設につきましては、粟島公園テニスコートの改修工事を行い、利用者の利便性の向上を図ってまいります。
 芸術・文化の推進につきましては、優れた芸術の鑑賞機会の提供に努めてまいります。
 図書館の整備では、資料の一体的な管理を行うため、老朽化した書庫の改築及び新駐車場に伴う歩道設置等の外構工事の設計を行います。
 また、児童書の充実、図書館内で上映できるDVD等を購入するなど、市民に役立つ図書館を目指してまいります。
 文化財の保護と活用につきましては、文化財パンフレットを活用した研修会などを企画してまいります。

(3)一人ひとりが活躍できるまちづくり

 高齢者の社会参加の推進についてであります。
 本市の高齢化率はすでに30%に達していることから、高齢者が生涯にわたりいきいきとした生活を送るための、交流の場の充実に努めてまいります。
 また、就労の場を確保するため、引き続きシルバー人材センターの活動を支援してまいります。
 団塊の世代の方々に対する取り組みとしましては、25年度に策定いたしました「いきいき元気五泉プラン」を基に、関係機関と連携し、具体的な実施計画を検討いたします。
 次に、障がい者の自立と社会参加への支援についてであります。
 26年度から視覚障がいのある方を対象として、日常生活用具に地上デジタル放送対応ラジオを追加いたします。
 障がい者等の相談支援事業では、増加している相談への対応や、サービス利用者全員にケアプランを作成し、きめ細やかな支援を行うなど、相談支援の充実・強化を図ってまいります。また、ハローワークや特別支援学校と連携し、障がい者雇用の促進に努めてまいります。
 さらに、障害者施策を総合的に推進していくために、第2期五泉市障がい者計画及び第4期五泉市障がい福祉計画を策定いたします。
 障がい児の通所支援といたしましては、放課後等デイサービスの早期実施に向けて、引き続き関係団体と協議を進めてまいります。

2 安心の泉水 ~信頼あふれ、安心して暮らしているまち~

(1)安心して子育てができるまちづくり

 新たな取り組みとしましては、市内の歯科医院でいつでも歯科健診を受けることができる妊婦歯科健診助成事業を新設いたします。
 また、25年度に「五泉市子ども・子育て会議」において実施しました子育て支援サービスに係るニーズ調査の結果を踏まえ、26年度は「子ども・子育て支援事業計画」を策定いたします。
 以前から要望が多かった病児保育につきましては、南部郷総合病院に保育士と看護師を配置し、4月に開所いたします。
 公立保育園の民営化につきましては、保育園運営の候補となった法人及び保護者、市の三者で構成する協議会を発足し、すみれ保育園、ひまわり保育園及び村松第3保育園の27年度完全民営化に向けた協議を行ってまいります。
 学童保育につきましては、いずみ学童クラブを4月に開所いたします。
 縁結び支援につきましては、新たに市が主導する婚活イベントを開催し、更なる男女の出会いの場の提供に努めてまいります。
 ファミリーサポート事業につきましては、利用者が年々増加していることから事業費を拡大してまいります。

(2)健康で安心して暮らせるまちづくり

 地域での主体的な健康づくり活動につきましては、村松地区で初の地域健康推進委員会が25年度に大蒲原地域で設立されておりますので、引き続き他の地域での組織づくりに取り組んでまいります。
 内臓脂肪型肥満に着目した特定健診につきましては、集団健診や個別健診を実施するとともに、引き続き無料クーポン券の配付、未受診者を対象とした家庭訪問による受診勧奨などにより、受診率の向上に繋げてまいります。
 新たな取り組みといたしましては、人間ドック受診者に対する特定保健指導を人間ドック実施機関に委託し、実施率の向上に繋げてまいります。
 このほか、引き続き各種がん検診等の実施に加え、新たに国の「働く世代の女性支援のためのがん検診推進事業」を実施し、クーポン券事業の未受診者等に対する受診勧奨を行ってまいります。
 また、感染症予防のため予防接種事業の充実や、「五泉市健康体操」の普及に努め、健康維持や体力向上に取り組んでまいります。
 自殺予防に向けましては、ゲートキーパーフォローアップ研修会の開催と相談事業の充実、さらに、普及啓発に関する事業を推進してまいります。
 食育の取り組みにつきましては、五泉市オリジナルのキャラクターを活用した絵本を作製し、親子のコミュニケーションを図りながら、食の大切さを伝えてまいります。
 次に、高齢者福祉、介護保険の充実についてであります。
 26年度では、27年度から29年度までを計画期間とする第6期介護保険事業計画を策定いたします。
 介護予防事業におきましては、内容を点検し、強化充実を図ることで認知症予防や健康増進を推進してまいります。
 高齢者世帯等に対しましては、高齢者見守りネットワークを立ち上げ、異変等を発見した場合に迅速な対応ができる体制づくりに努めてまいります。
 また、食の自立支援事業につきましては、配食を週2回に増やし、低栄養になりがちな高齢者の献立の参考としてもらうとともに、見守り強化を図ってまいります。
 敬老会につきましては、高齢者がより参加しやすくなるよう机と椅子を使用します。
 介護施設整備につきましては、小規模特別養護老人ホームを1ヶ所整備いたします。
 市民の生命と健康を守る救急医療につきましては、医師会・歯科医師会などのご協力をいただきながら、継続実施に努めてまいります。

(3)安全な生活環境を守るまちづくり

 水道事業についてであります。
 安全で安心なおいしい水の安定供給を図るため、簡易水道区域の統合事業を含め、送・配水管の新設や布設替工事、また、水源井や配水池の建設などを推進してまいります。
 交通安全と防犯の推進についてであります。
 交通安全施設の整備や交通マナー向上の啓発と併せ、警察署や交通安全協会などと連携し、一層の交通安全対策を推進してまいります。
 防犯につきましては、情報の提供、巡回パトロール活動などに加え、北五泉駅前広場に防犯カメラを設置し、更なる犯罪抑止に努めてまいります。
 町内会管理の防犯灯につきましては、電気料金の負担に加え、環境負荷の軽減を図るため、LED化に対して補助金を創設し支援してまいります。
 消費者トラブルの対策につきましては、本町2丁目に開設しております消費者相談窓口を「消費生活センター」へ移行し、週5日の相談体制といたします。
 次に、地球環境の保全についてであります。
 地球温暖化防止対策とエネルギー使用の合理化をさらに進めるため、引き続き住宅用太陽光発電システム設置費補助制度を実施いたします。
 また、電気自動車等の充電設備を市役所、支所、馬下保養センター、村松さくらんど温泉に整備し、充電サービスの提供を開始いたします。

(4)非常時に十分な対応ができるまちづくり

 消防・救急・救助体制についてであります。
 消防防災施設等の整備では、老朽化の著しい高規格救急自動車の更新と、消火栓や耐震性防火水槽を設置し、消防力の強化を図ってまいります。
 消防団につきましては、活動の充実強化を図るため、小型動力ポンプの更新、消防器具置場等の整備を行います。
 火災予防対策では、住宅用火災警報器の設置促進に向け、引き続き広報啓発活動に取り組んでまいります。
 また、AED(自動体外式除細動器)を用いた救命講習会を開催するとともに、新潟県ドクターヘリの活用を図り、救急患者の予後や救命率の向上に努めてまいります。
 次に、防災意識の高揚と防災施設整備の推進についてであります。
 共助として地域防災力の向上を図るため、自主防災組織への補助金を継続し、組織の設立を支援してまいります。
 地域防災訓練では、市民参加型の訓練を計画し、地域の防災力を高める訓練を行います。
 災害時の情報伝達としまして、エリアメール、ホームページと併せ、4月より本格運用を開始する防災行政無線を活用して、広く市民に情報の提供を行ってまいります。さらに、登録式のあんしんメールを構築して、情報伝達システムの多重化を図り、災害に強いまちづくりを目指します。
 次に、浸水対策事業についてであります。
 村松市街地での被害を軽減するため、雨水幹線の整備を進めてまいります。
 雪害対策の推進についてであります。
 冬期間の道路交通につきましては、除雪機械を主体に新潟県及び地域住民と相互の連携を図り、安全で効率的な除雪を目指します。
 また、雪寒地域道路整備では、本町1丁目、吉沢1丁目、駅前2丁目地内に消雪パイプを布設するとともに、消雪用井戸を2箇所掘削いたします。

3 ふれあいの泉水 ~交流あふれ、ふれあい豊かに暮らしているまち~

 青少年健全育成についてであります。
 非行や問題行動の防止に向け、関係団体の組織強化と活動を支援するとともに、家庭、学校、地域等の連携を強化してまいります。
 また、青少年育成センターの相談体制を充実し、悩みを持つ青少年及び保護者等への適切な対応に努めてまいります。
 さらに、家庭教育学級を開催するなど、家庭における教育力向上を支援してまいります。
 国際化に向けた環境の整備では、国際交流推進団体が実施する活動や団体間の連携を支援していくとともに、モンゴル国ウランバートル市チンゲルテイ区との交流につきましては、県と一体となり、経済・文化などの協力関係の構築に向けて取り組んでまいります。

4 活気の泉水 ~賑わいあふれ、活気がある暮らしをしているまち~

(1)活力ある商工業を育むまちづくり

 依然として厳しい経済状況でありますが、地場産業であるニット産業の活性化のため、五泉市オリジナル製品を作製し、市職員等が着用して五泉産ニットをPRする、「ごせんのニットきなせや事業」を実施してまいります。
 経済活性化対策につきましては、引き続き「マイホーム等建設支援事業」「住宅リフォーム事業」「五泉木づかい家づくり事業」を実施してまいります。
 商店街の活性化対策では、図書館を活用したイベントを開催し、商店街と連携した誘客を図る、「まちなか賑わい創造事業」を実施するとともに、空き店舗化が進む商店街におきまして、商店街の皆様や商工団体と協議しながら、空き店舗を活用した賑わいのあるまちづくりを目指してまいります。
 また、新たに起業を行う意欲ある事業者に対して、にいがた産業創造機構と連携し、創業資金の一部を助成する「起業支援事業」を実施いたします。
 企業誘致につきましては、五泉市工場等設置奨励条例に基づく奨励措置のPRと、企業訪問を積極的に行ってまいります。
 次代の五泉を担う若者の定住を進める環境整備についてであります。
 五泉に住むために新婚世帯や子育て世帯が、市内で住宅の取得や民間賃貸住宅を借り受けた場合、その費用の一部を補助する「ファミリー住まいる応援事業」を創設いたします。
 この事業に、先ほどご説明いたしました「マイホーム等建設支援事業」「住宅リフォーム事業」を加えた事業費は5,220万円でありますが、これらの実施により見込まれる経済波及効果は11億2,300万円ほどと予測され、本市の経済活性化の大きな後押しになるものと考えております。

(2)魅力ある農林業を育むまちづくり

 農産物のブランド化と安全で安心な食の推進であります。
 農業を取り巻く情勢は、米の需給ギャップの拡大、担い手不足、農業者の高齢化など、大変多くの課題が生じております。このような中、国は新たな農業・農村政策のもと農地利用の集積・集約化を加速させる農地中間管理機構の制度化、経営所得安定対策や米政策の見直し、日本型直接支払制度の創設など、大きく四つの改革を打ち出しました。今後、これらにつきましては国県の動向を注視し、的確に取り組んでまいります。
 市内農産物の振興につきましては、「水田農業フル活用ビジョン」を策定し、新たな地域振興作物の導入に取り組み、「五泉ブランド」の確立を目指してまいります。
 特産品の振興でありますが、特産物による加工品の開発と販路の拡大を目指してまいります。また、チューリップまつりをはじめ、各種イベントの充実を図り、消費者との交流を深めながら、特産農産物のPRや販売促進活動に取り組んでまいります。
 担い手対策につきましては、国は担い手への農地利用の集積・集約化を加速するために、26年度に農地中間管理機構(農地集積バンク)を各都道府県に設立することとしております。この機構につきましては、人・農地プランの作成・見直しと併せて、制度の周知を図ってまいります。
 良質米生産対策でありますが、25年度は一等米比率も60%を超える作柄となりましたが、まだまだ新潟県の平均より低く、農家の土づくりのため、引き続き「地力パワーアップ推進事業」を実施し、五泉産米の品質向上に向けて支援してまいります。
 米の生産調整につきましては、5年後を目途に米の生産調整が廃止されるという大転換期を迎えました。今後は「経営所得安定対策」などの国の助成制度を有効に活用し、園芸作物の生産拡大など複合営農を推進し、農地のフル活用に向けて関係機関・団体と連携してまいります。
 次に、農地農村の環境整備であります。
 農業基盤整備事業につきましては、ため池の震災対策として、引き続き、調査及びハザードマップの作成を長仙坊堤、弁天山堤、蚊化堤、谷地堤の4箇所で実施してまいります。
 また、桑山川の下流域における湛水被害の解消について、総合的に検討してまいります。
 さらに、農業の有する多面的機能の維持・発揮のための地域活動や営農活動を支援する「多面的機能支払(農地維持支払・資源向上支払)事業」が新たに創設されることから、多くの集落で事業が実施できるよう支援してまいります。
 次に、林業についてであります。
 豊かな森林の保全は、本市にとりましても重要な課題であります。しかし、林業を取り巻く情勢は依然として厳しく、基盤整備や施業支援が必要と考えており、森林整備地域活動支援事業により、作業道の維持管理を継続し、林業生産基盤の維持に支援いたします。
 また、松くい虫の防除を行うことにより、保安林(松)の保護を図るなど、美しい森林の保全に努めてまいります。

(3)地域資源を活用したまちづくり

 本年4月から3ヶ月間、地方自治体と観光関係者がJRグループと合同で開催する「新潟デスティネーションキャンペーン」と、同時期に開催する本市の春の花シリーズを連動させ、長時間滞在できるイベントや宿泊などの観光企画プランを提供し、誘客活動に努めます。
 また、「観光宣伝誘客事業」「新潟DC関連事業」「アロマ製品製造販売事業」の実施主体で、本市の観光振興の核となる五泉市観光協会と連携し、本市が有する観光資源を最大限活用し、首都圏への情報の発信や受け入れ体制の整備・充実を図り、観光誘客数及び交流人口の増加を目指します。
 さらに、4月18日に本市で開催いたします第22回全国さくらサミットでは、桜をはじめ本市の観光資源を全国にPRしてまいります。

5 快適の泉水 ~潤いあふれ、快適に暮らしているまち~

(1)一人ひとりが快適な生活環境を守るまちづくり

 ごみの減量化とリサイクルの推進についてであります。
 村松地区のペットボトル回収方式を拠点回収に変更するとともに、カン・ビン類の回収方式を変更し、再利用・再資源化率の向上に努めてまいります。
 また、一般廃棄物処理施設整備を図るため、五泉地域衛生施設組合と構成市町で任意協議会を組織し、焼却場・不燃物処理センター・最終処分場等の建設計画を進めてまいります。
 次に、下水道事業についてであります。
 26年度は、今泉、土深、荻曽根、二ツ柳、太田、寺沢、深沢などで約10ヘクタールの整備を進めてまいります。

(2)快適な都市基盤を利用できるまちづくり

 道路交通環境の整備についてであります。
 市道関係では、三本木中野3号線の用地買収を実施し、安出船越線と駅前桜橋三本木線を結ぶ幹線道路の早期完成を目指します。このほか、4路線の道路改良整備と春水橋の新設、新水橋の修繕工事を実施いたします。
 国県道関係では、国道290号の南田中地内から牧地内の歩道整備と、新潟市とのアクセス道路整備として、磐越自動車道へのスマートインターチェンジ設置に向けた調査を行ってまいります。
 五泉駅周辺整備では、中央連絡橋にエレベーターを備えた階段棟を設置し、南側広場の整備を推進してまいります。
 次に、公共交通についてであります。
 多くの方からご利用いただいております「ふれあいバス」と「乗合タクシーさくら号」が、より使いやすい公共交通となるよう取り組んでまいります。
 快適な居住環境の整備についてであります。
 空き家等の管理が適正に行われるよう実態調査を行い、条例制定に向けて取り組んでまいります。

6 基本構想・基本計画の実現のために ~市民協働と信頼による自立したまち~

(1)市民と行政による協働のまちづくり

 コミュニティ活動の支援についてであります。
 地域の主体性を高めるため、町内会や市民団体などのコミュニティ組織の活動を支援し、「魅力、活力、解決力」を持った地域づくりを目指します。

(2)効率的・効果的に行政経営が行われているまちづくり

 納税者の利便性と収納率の向上のため、コンビニエンスストア収納を開始いたします。
 行財政改革についてであります。
 普通交付税の合併算定替による財政支援が、28年度から段階的に削減されます。それに対応しながらも、財政の健全化と充実した行政サービスの実現を図らなければなりません。
 限りある予算、人材などを最大限に活用した、効率的で質の高い行政運営を行っていくため、引き続き、行財政改革に取り組んでまいります。
 また、合併時に策定しました新市建設計画につきましては、これまで順次事業を実施してまいりました。しかし、策定から8年が経過していることから、社会情勢、財政事情の変化に対応するため、登載事業の見直しを行い、10年後、20年後を見据えたまちづくり、将来の飛躍に向けた基礎となる事業を計画いたします。

この記事に関するお問い合わせ先

五泉市役所 総務課

郵便番号959-1692
新潟県五泉市太田1094番地1
電話番号:0250-43-3911(代表) ファックス:0250-42-5151

メールでのお問い合わせはこちら


最終更新日:2017年11月01日