五泉市地域おこし協力隊として『五泉の良いことつたえ隊』を募集しています!

花のまち「ごせん」で桜アロマを活用した商品開発・PRしてみませんか?

  五泉市では、「日本さくら名所100選」に選ばれた村松公園の桜から100%天然の細胞水抽出に成功! 2018年4月にごせん桜アロマ工房もオープン予定!

  都市部から五泉市に移住し、『ごせん桜』のブランド化・工房の活用など、五泉の観光振興に取り組んでいただける地域おこし協力隊「五泉の良いことつたえ隊」を募集しています。

村松公園の桜

  あなたのアイデアを活かしてみませんか?女性も活躍しています!

  住居は市が民間アパートを借上げ・提供するので、初めての土地でも安心してスタートできます。活動を通して、任期後の進路も一緒に考えていきましょう。

  ご不明な点は、お気軽にお問合せください!

業務概要

  任用された場合、「五泉の良いことつたえ隊」として、下記の観光振興活動等に従事していただきます。

○観光資源の発掘、磨き上げ

○観光PR、情報発信

○イベント企画、運営

○特産品を利用した商品開発、販路拡大

○ごせん桜アロマ工房の運営補助 など

※活動にあたっては、(一社)五泉市観光協会と連携して実施していただきます。

 

※ごせん桜アロマ工房とは?

  桜の名所である村松公園の隣接地に建設する、桜の花びらや葉から高い抗酸化能・リラクゼーション作用を持つ有効成分を抽出する作業場です。この抽出物を活用して、これまでにない新しい五泉ブランドとしてアロマ商品やうどん・お菓子・桜水・桜氷・桜アイスなどの商品開発を行っていきます!

  工房には、事業紹介や商品PR、売店、休憩スペースを併設! 桜の公園や清流・里山・温泉施設・食などと桜のリラクゼーション効果やアンチエイジング効果を融合した「人に優しい癒しのまち=ヘルスツーリズム」の拠点施設にしたと考えています。

  また、工房に整備する低温真空抽出装置は、農産物にも使用できるため、規格外の農産物を原料とする加工品製造への応用を考えています。

募集対象

(1) 地方公務員法第16条に規定する一般職の欠格条項に該当しない方

(2) 心身ともに健康で、誠実に職務ができる方

(3) 普通自動車運転免許を有している方

(4) 基本的なパソコン操作ができる方

(5) 三大都市園及び政令指定都市等にお住まいで、五泉市へ住民票を異動させることができる方
 

※地域要件について

  「三大都市圏及び政令指定都市等」とは、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、岐阜県、愛知県、三重県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県並びに札幌市、仙台市、新潟市、静岡市、浜松市、岡山市、広島市、北九州市、福岡市、熊本市のうち、過疎地域自立促進特別措置法、山村振興法、離島振興法、半島振興法に指定された地域以外の地域をいう。

  五泉市以外の地方公共団体から地域おこし協力隊推進要綱(平成21年3月31日付け総行応第38号)で定める地域おこし協力隊として委嘱を受け、2年以上継続して同一地域において活動し、かつ、解職から1年以内である者については、この限りでない。

募集人数

若干名

勤務地

新潟県五泉市内

○活動拠点:(一社)五泉市観光協会が運営する施設

○事 務 所 :五泉市役所(商工観光課)

勤務時間等

○勤 務 日 :原則、月曜日から金曜日(土日勤務あり)

○勤務時間:週35時間勤務(7時間/日)を基本とします

          ※標準勤務時間は午前9時から午後5時まで、休憩1時間を除く

          ※勤務の内容等により勤務時間が変更になる場合があります

○休 日:土・日・祝・年末年始(休日出勤の場合、原則、振替対応)

○有給休暇:あり(1年目は年10日)

雇用形態・期間

○雇用形態:五泉市非常勤嘱託職員として、市長が委嘱

○雇用期間:平成30年4月1日(予定)から平成31年3月31日まで

 

※年度ごとの任用とし、最長3年(平成33年3月31日予定)まで更新できるものとします

※雇用開始日は、相談のうえ決定します

※隊員としてふさわしくないと判断した場合は、雇用期間中であってもその職を解くことができるものとします

給与・賃金等

月額166,000円

 

※賞与、その他の手当等は支給しません(通勤費用、旅費については別に定めあり)

※月途中から雇用開始の場合、当該月分の賃金は日割計算で支給します

待遇・福利厚生

(1) 住居は、市が用意するアパート等に居住していただきます

    ※家賃は市が負担しますが、光熱水費等は自己負担

(2) 活動用にパソコン・公用車を貸与します

(3) 健康保険・厚生年金・雇用保険に加入します

申込方法等

 ■申込方法

申込期間中に、提出書類を下記「問い合わせ先」まで郵送してください。

(1)申込受付期間

    平成29年10月27日(金曜日)~平成30年1月15日(月曜日) ※必着

(2)提出書類

   1.申込用紙(指定様式)…ページ下部からダウンロードできます

   2.住民票1通(申込日から起算して概ね1か月以内のもの)

   3.五泉市以外の市町村で地域おこし協力隊として2年以上活動し、解嘱から1年以内の場合、協力隊活動期間を明らかにする書類(任意様式、市町村発行)

 

■選考方法

(1) 1次選考(1月下旬):書類選考

    1次選考合格者に対し、2次選考の詳細を通知します。

(2) 2次選考(2月上旬):面接(五泉市内)

    ※2次選考に要する交通費等は個人負担となります。

    ※現地見学(受入先・住居等)を併せて行う予定です。

(3)選考結果(2月上旬)

    2次選考合格者に対し、結果を通知します。

五泉ってどんなところ?

五泉市は、新潟県のほぼ中央、県都新潟市の南東に位置する、人口約52,000人、面積351.9k平方メートルを擁する市です。阿賀野川と早出川の扇状地からなる良質で豊富な水資源に恵まれ、古くから絹織物の産地として知られ、戦後めざましい発展をみたニット産業は、全国的な産地となっています。

花のまちとしても知られており、春の訪れを告げる白い妖精 水芭蕉に始まり、「日本さくら名所100選」に選ばれた村松公園の桜、150万本が咲き誇り一面が花のじゅうたんとなる一本杉のチューリップ畑、120品種5,000株が大輪の花を咲かせる ぼたん百種展示園など春には色鮮やかな花々が市内を彩り、多くの観光客が訪れます。

近年では、五泉市の木として制定されている「桜」を「愛でる」だけでなく1年を通して「愛用」できないかと研究し、桜の花や葉の有効成分をそのまま含んだ100%天然素材の細胞水を抽出することに成功しました。現在、その細胞水を利用しハンドクリーム、ハンドジェルを製造・商品化し、(一社)五泉市観光協会で販売しています。

市内外の事業者と連携し、桜を利用した商品開発を行いながら、桜による明るく賑わいのあるまちづくりを進めるとともに、国内はもとより、桜への関心が高い海外へも発信していきます。

様式ダウンロード

リンク

この記事に関するお問い合わせ先

五泉市役所 企画政策課

郵便番号959-1692
新潟県五泉市太田1094番地1
電話番号:0250-43-3911(代表) ファックス:0250-42-5151

メールでのお問い合わせはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

最終更新日:2017年11月02日