五泉市住宅リフォーム事業補助金

過去に住宅リフォーム事業補助金を利用したことがある方も申請できます

令和2年度より、過去に住宅リフォーム事業補助金を交付された人も、交付から5年以上経過している場合は申請できることとなりました。

今年度は、平成26年度以前に補助を受けた方が対象です。

新規で住宅リフォーム事業補助金を受ける方と同じ条件で利用できますので、下記により、申請ください。

 

補助対象者

  1. 五泉市に住民登録を行っていること。
  2. 工事する家屋に住む人全員が市税を滞納していないこと。

施工業者の条件

市内に本店を有する法人または個人事業者。

補助額

市内施工業者が行う20万円以上(消費税含む)のリフォーム工事に要する費用の20%(1,000円未満切り捨て)とし、限度額は以下の通りです。

  1. 新婚世帯(平成26年4月1日以降に婚姻し、親等と2世代が同居している世帯)…限度額20万円
  2. 子育て世帯(中学生以下の子、親、祖父母等と3世代が同居している世帯)…限度額20万円
  3. 一般世帯(1. 2.に該当しない世帯)…限度額10万円

募集期間

令和2年4月10日から令和3年3月31日まで

※申請金額が補助予定金額に達した時点で締め切ります。

対象工事期間

補助金交付決定通知書が届いてから令和3年3月31日までに工事が完了し、実績報告書が提出できるもの。

申込方法

リフォーム工事着工前に、必要書類を添付の上、申請書を商工観光課に提出してください。

必要書類

  1. 工事前の写真(日付けが入っているもの)
  2. 契約書又は見積書の写し(対象工事とその他をわけ、明細が明確なもの)
  3. 工事の内容がわかる図面等
  4. 借家の場合は、所有者の同意書
  5. 自然災害の被害を受けた場合は、り災証明書

注意事項

  1. 申請書提出前に着手した場合は対象外です。交付決定通知書を交付されてから着工してください。なお、やむを得ない理由により、交付決定通知書を交付される前に工事に着手する場合は、補助金交付決定前着手届を提出してください。
  2. 新規に申請する人のほかに、過去にリフォーム事業補助金を交付された人も、交付から5年以上経過している人は申請できます。(令和2年度は、平成26年度以前に補助を受けた人も申請できます)
  3. 自然災害の被害にあい、リフォーム工事をされる方はご相談ください。
  4. 工事を中止する場合は、中止届を提出してください。

その他、下記をご参照してください。

申請書関係

この記事に関するお問い合わせ先

五泉市役所 商工観光課

郵便番号959-1692
新潟県五泉市太田1094番地1
電話番号:0250-43-3911(代表) ファックス:0250-41-0006

メールでのお問い合わせはこちら

最終更新日:2020年04月01日