天ぷら油による火災防止について

ガスこんろ、IHクッキングヒーター等の調理機器は私たちの生活に欠かすことのできないものですが、取扱いを誤ると火災を発生させてしまう恐れがあります。調理中に発生する、いわゆる「こんろ火災」の多くは人の不注意が原因であり、中でも天ぷら油の使用中に多く発生しています。火災発生を防止するために、天ぷら油を使用する際は次のことに注意してください。

1.天ぷら油による火災の発生原因

・調理中の来客、または電話応対で火を止めずにその場を離れた。

・天ぷら油の量が少ない、または鍋が変形しており、調理機器のセンサー(安全装置)が作動しなかった。

・調理機器を清掃せず、貯まった油が加熱され火災となった。

以上のような、不注意等により火災が発生しています。

2.天ぷら油による火災の予防

天ぷら油による火災

・調理中は絶対にその場を離れない。(重要)

(離れる場合は必ず火を止める)

・調理機器の取扱説明書を確認し、正しく使用する。

・調理機器周辺は、こまめに整理、清掃する。

 

火災を未然に防ぐためには、日頃からの注意や心がけが何よりも重要です。

3.天ぷら油による火災への対処

もし、天ぷら鍋から火があがった場合、あわてて水をかけると油が周囲に飛び散ってしまい、炎が広がり、ヤケドや火災拡大のおそれがありますので、水をかける行為は絶対にしないでください!

消火には次のような方法があります。

 

(1)調理機器の火を止める

火の勢いが小さく近づけるようであれば、調理機器のスイッチを切る、ガスの元栓を閉めるなどしてください。

 

(2)鍋に蓋をする

隙間があると火は消えませんので、大きめの蓋で完全に覆ってください。

また、すぐに蓋を開けると再燃するおそれがありますので、時間をかけて温度が下がるのを待ってください。

 

(3)消火器具を使用する

天ぷら油に直接噴射すると、勢いで油が飛び散るおそれが

ありますので、落ち着いて操作してください。

天ぷら油消火

 

一般家庭に消火器具の設置義務はありませんが、初期消火に有効な器具ですので、家庭用消火器を準備されることをお勧めします。消火できないと判断したら、すぐに避難し、119通報をしてください。

 

 

天ぷら油敬礼     火災の発生防止に、ご協力ください!

この記事に関するお問い合わせ先

五泉市 消防本部 消防署

郵便番号959-1861
新潟県五泉市粟島1-28
電話番号:0250-42-0119 ファックス:0250-43-4200


五泉市 消防署 村松分署

郵便番号959-1765
新潟県五泉市愛宕6961番地1
電話番号:0250-58-6001 ファックス:0250-58-8871

火災や災害のテレホンサービス 0250-42-3399

メールでのお問い合わせはこちら

最終更新日:2020年08月01日