気軽に介護を

 誰もがいずれは高齢者となります。そして、さまざまな要因が重なった時に、どこの家庭でも高齢者虐待の問題に直面する可能性があります。全ての人が安心して暮らせるように、虐待を未然に防ぎ、助け合える地域づくりが、今求められています。

地域で支え合いや見守りを

 介護の大変さを理解し気軽に手伝ってくれる人、「元気がないね」と心配して声を掛けてくれる人、愚痴と分かって聞いてくれる人など、地域の温かい見守りや声掛けが広がると虐待防止にもつながります。お互いさまの気持ちを大切にしましょう。

介護の負担を軽くするために

  • 周囲の協力を得る
    家族や親戚、近所の人に協力を頼みましょう。
  • 積極的にサービスを利用する
    介護はひとりで抱え込まず、さまざまな制度やサービスを使い、「ゆとり」を持ちましょう。
  • 気軽に相談できる環境を作る
    ひとりで悩まず、市役所や地域包括支援センター、ケアマネジャー、かかりつけの医師などに相談しましょう。また、市で開催している「介護者の集い」に参加し、介護の情報交換や気が置けない介護仲間を作りましょう。
  • できるだけ無理をしない介護を
    介護は長期戦です。無理をしないで、マイペースで介護をしましょう。
この記事に関するお問い合わせ先

五泉市役所 高齢福祉課

郵便番号959-1692
新潟県五泉市太田1094番地1
電話番号:0250-43-3911(代表) ファックス:0250-43-0417

メールでのお問い合わせはこちら

最終更新日:2017年11月01日