【市独自緊急対策】全市民を対象にインフルエンザ予防接種費用を助成します

インフルエンザワクチンは実際に効果を発揮するまでに約2週間かかります。65歳以上の高齢者など重症化リスクの高い人は、例年より早めに接種するようお願いします。

日常生活では、まず体調を整えて抵抗力をつけること、ウイルスに接触しないことが大切です。栄養と休養を十分にとり、手洗いや咳エチケットなどの感染症対策を行いましょう。

新型コロナとインフルエンザの同時流行を防ぐ!インフルエンザ予防接種を受けましょう

新型コロナウイルス感染症と季節性インフルエンザが同時に流行するリスクを軽減するため、これまで「中学生までのこども」、「妊婦」、「65歳以上の高齢者」を対象としていたインフルエンザ予防接種費用の助成を「全市民」対象に拡大し、一人当たりの助成額を2倍に増額(高齢者は無償化)します。助成制度を利用して、早めに予防接種を受けましょう。

助成対象者

接種日に五泉市内に住所のある人

実施期間

・令和2年10月1日から令和3年3月31日まで

予防接種申込

・医療機関へ直接連絡し、接種日や時間を相談してください。市役所への事前連絡は不要です。
高齢者は重症化や合併症のリスクが高いため、早めに接種を受けましょう。

助成額

こども(0歳から中学3年生まで)

・1回につき3,000円(年2回まで)

一般(高校1年生相当から64歳まで)

・1回につき3,000円(年1回)

高齢者(65歳以上)

・接種費用全額(年1回)

・60歳~64歳の人で、心臓・じん臓・呼吸器・ヒト免疫機能に障害があり障害者手帳1級に相当する人を含みます。該当する人は、接種日に障害者手帳を持参してください。

五泉市内の医療機関で予防接種を受ける場合

・医療機関へ直接連絡し、接種日や時間を相談してください。

接種日に本人確認できるもの(健康保険証など)を持参して必要書類に記入してください。
0歳から中学3年生は、母子健康手帳も必要です。

・医療機関から、助成額を差し引いた接種費用(65歳以上の人は無料)で請求されます。
市役所で手続きをする必要はありません。

その他(五泉市外)の医療機関で予防接種を受ける場合

・医療機関へ直接連絡し、接種日や時間を相談してください。持ち物などは、医療機関の案内に従ってください。

・0歳から中学3年生は、接種日に母子健康手帳を持参して接種記録を記入してもらってください。

・医療機関で接種費用の支払いを済ませ、領収書を受け取り保管してください。

・接種後、市役所または支所に必要書類を持参して、助成申請書の提出が必要です。

・申請時の持ち物
1. インフルエンザ予防接種の領収書
2. 印鑑
3. 通帳など口座番号がわかるもの
4. 0歳から中学3年生は、母子健康手帳
「注意」 1.領収書に予防接種を受けた人の氏名やインフルエンザの記載がない場合、明細書や接種済証も必要です。

・申請先
こども → 五泉市役所こども課、または村松支所福祉係
一般、高齢者 → 五泉市役所健康福祉課、または村松支所福祉係

・申請期限 令和3年4月9日(金曜日)まで

お問い合わせ

こども(0歳から中学3年生)のインフルエンザ予防接種費用の助成について

五泉市役所 こども課

郵便番号959-1692 新潟県五泉市太田1094番地1
電話番号:0250-43-3911(代表) ファックス:0250-43-0417

メールでのお問い合わせはこちら

一般(高校1年生相当から64歳まで)、高齢者(65歳以上)のインフルエンザ予防接種費用の助成について

五泉市役所 健康福祉課

郵便番号959-1692 新潟県五泉市太田1094番地1
電話番号:0250-43-3911(代表) ファックス:0250-43-0417

メールでのお問い合わせはこちら

この記事に関するお問い合わせ先

五泉市役所 健康福祉課

郵便番号959-1692
新潟県五泉市太田1094番地1
電話番号:0250-43-3911(代表) ファックス:0250-43-0417

メールでのお問い合わせはこちら

最終更新日:2020年11月27日