五泉市チューリップまつりの開催について

第33回五泉市チューリップまつり

第33回五泉市チューリップまつりは新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、イベント開催はいたしません。

なお、チューリップをご覧いただくことはできます。臨時駐車場の開設や土日の交通誘導などは例年通り実施する予定です。

※今後の状況により、実施内容が変更になる場合があります。ご注意ください。

五泉市チューリップまつりとは

五泉は、県内でも有数のチューリップの産地です。このチューリップを出荷するだけでなく見て楽しんでもらおうと、市では生産者に依頼してチューリップの畑を巣本地区の1ヶ所に集め、チューリップまつりを開催しています。
五泉の巣本地区は、阿賀野川と早出川にはさまれたところにあり、その昔川が氾濫したことで、砂地の土壌となり、チューリップの栽培にたいへん適しています。

期間

令和2年4月11日(土曜日)~4月30日(木曜日)
※開花状況によっては、最終日を待たずにまつりを終了します。ご了承ください。

会場

五泉市巣本地区一本杉地内のチューリップ畑

特産品等販売会

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、中止となりました。

駐車場

臨時の駐車場を設けます。

(河川敷駐車場は砂利道となっております。ご了承ください。)

(駐車場・交通案内図については、後日更新予定です。)

カーナビでお越しの方は「0250420125」(JA新潟みらい一本杉集配センター)と入力してお越しください。

  • JR磐越西線--五泉駅下車--タクシーで10分。
  • 磐越自動車道--安田インターチェンジ下車--五泉方面へ約3キロメートル--論瀬交差点右折 約1.5キロメートル

路上駐車は絶対にしないよう、ご理解とご協力をお願いいたします。

チューリップの開花情報については下記リンクをクリック

150万本のチューリップ畑の写真

絶景かな!!150万本のチューリップ畑

畑一面に広がる150万本のチューリップ。チューリップに包まれながら、春のひとときを過ごしてみませんか。

チューリップの豆知識

連作はできません

チューリップは同じ畑で続けて栽培することができません。これは土の中に病気が出るためです。そのため、チューリップまつりも毎年少しずつ場所を変えながら開催しています。近年は巣本地区一本杉地内の数ヶ所を選び、5年程度のサイクルで会場を変えています。

花摘みは春の風物詩

チューリップ畑のチューリップは、球根を育てるために栽培されているものです。そのため、球根に栄養がいくよう、花が散る直前に、手で花を摘んでしまいます。もったいない気もしますが、毎年の春の風物詩です。その後土の中で球根を太らせ、6月末ころに収穫します。

球根の生産

年度ごとの作付面積と出荷量
年度 作付面積
(ヘクタール)
出荷量
(万球)
平成24年度 19.5 338.3
平成25年度 20.0 307.8
平成26年度 17.0 308.0
平成27年度 10.8 253.0
平成28年度 9.7 250.0
平成29年度 9.7 231.0
平成30年度 9.3 252.6
令和元年度 9.3 230.6
この記事に関するお問い合わせ先

五泉市役所 農林課

郵便番号959-1692
新潟県五泉市太田1094番地1
電話番号:0250-43-3911(代表) ファックス:0250-43-0390

メールでのお問い合わせはこちら

最終更新日:2020年03月25日