本文へジャンプ

忠犬タマ公物語

主人の命を2回救った、立派な犬のものがたり。

昭和の初め、早出川のほとり(旧川内村)の猟師の家に、柴犬のタマは生まれました。飼い主の刈田さんは、素直で賢いタマを可愛がり、猟に出掛ける時はいつも一緒です。元気に野山を駆け巡り、タマはりっぱな猟犬に育ちました。
昭和九年二月五日、刈田さんは猟仲間の小泉さんと、いつものようにタマをお供に八滝沢へでかけました。獲物は鳥か獣か。タマは雪の中でもにおいをかぎつけて、茂みに飛び込みます。タマに追われて飛び立つヤマドリに、二人は鉄砲をかまえました。「ダダーン!」・・・とその時。大きく鳴った銃声が衝撃となって雪がくずれ、ものすごい雪崩となって二人を襲いました。
 あっという間に雪に埋もれ、身動きもとれない刈田さん。上の方で、タマが雪を掘る音がします。「タマー、タマー」と懸命に呼びかけました。刈田さんの声に応えるように、雪を掘るタマ。ついに刈田さんの頭は雪の外へ・・・。


タマは両足を血だらけにしながらも掘り続け、刈田さんは脱出することができました。
一緒に行った小泉さんは、タマの活躍もむなしく、かえらぬ人に・・・。山をおりるタマも悲しそうです。タマの活躍ぶりは新聞で報じられ、主人の命を救った忠犬と褒めたたえられました。
それから約二年たった、昭和十一年一月十日。刈田さんは、近所の人たち三人と桜谷へムジナを狩りに行きました。もちろんタマも一緒に、雪の積もった山を分け入って行きます。両側の山は急斜面です。ふと危険を感じた刈田さん。「みんな、頂上の林まで上がれ!」と、叫びました。


しかし、足下の雪がグッと無気味な音をたてたかと思うと、「ドドドーッ!」。雪けむりをたてて落ちる雪崩に、一瞬のうちに四人とタマは押し流されていました。
ゴロゴロと転がるタマ。でも、大好きな刈田さんを助けようと、立ち上がって雪の上を探し回ります。重たい雪につぶされて、次第に気が遠くなっていった刈田さん。「もう、だめか」と死を覚悟した時・・・「ウーッ、ワンワンワン!」タマがまた助けにきてくれたのです。
果敢に雪を掘るタマ。刈田さんは、またしても九死に一生を得ることができました。
「本当にありがとう、タマ」刈田さんはタマに抱きつき、何度もほおずり。二度の殊勲をたて、
タマは町の英雄になりました。そして今も、タマの主人思いで勇敢な行動は、新潟中の人々に語り継がれています。



このページに関するお問い合わせ先

五泉市役所 商工観光課
〒959-1692 新潟県五泉市太田1094番地1
TEL : 0250-43-3911 FAX : 0250-41-0006